イーマブログ

松果体の石灰化が528Hzで改善?

皆さまおはようございます。イーマサウンドセラピーイーマヒーリオス

味岡優子♪です。

ブログにスタッフ名が欲しいとご要望を受け名前を出させて頂く事になりました。

改めまして宜しくお願い致します(#^^#)

もうご存じの方も多いと思いますが

私たちを含む多くの人類の松果体はフッ素による石灰化

すでに「永遠の機能停止」に陥っている可能性があります(‘Д’)

下記の写真は、(出典は英語版の松果体に関しての Wikipedia の Pineal gland )

pineal-gland-calcification.jpg

▲ 松果体が石灰化、あるいは石化した状況。これは十代の若者。 World Poblic Unon より。

現代の多くの人々の松果体が加齢と共に石灰化していて、たとえば、

アメリカでは過去 17年間で 40%の人たちの松果体が石灰化している推計があります。

(出典は英語版の松果体に関しての Wikipedia の Pineal gland )

松果体というのは、カルシウム、リン、フッ素化合物などを蓄積しやすい場所のようで、

自然の状況でも、加齢と共に蓄積量が増えて石灰化していくものではあるようです。

ですので、ある程度の年齢の人々の場合、

程度に差はあれ、松果体の石灰化が進んでいる可能性もあります(‘Д’)

人間の器官で、石灰化が言われる代表的な部位は「血管」ですが、これは1度石灰化すると、元には戻らない、

あるいは元に戻すことは非常に難しいとされています。

松果体も多分同じで、1度石灰化すると戻らないものだと思います。

しかしそれを覆すソルフェジオ528Hzの音が!!

「音の周波数」による人の心身への影響や効果によって、

治癒のような状態を作り出すと言われていることです。

528 Hz・・・DNA の修復

他にも

「奇蹟の周波数」とか

「変容と無限の可能性」とか、いろいろなことが言われているものです。

「ソルフェジオで松果体の石灰化も戻せたりする?」

ということが最近言われております。

これまで、ソルフェジオは、音楽としては聴いていました。

「もしかしたら、血管の石灰化が 528Hzの周波数で改善した可能性がある」

というのは何だかビッグな出来事のように思えましたので。

実はイーマサウンドセラピーにも松果体の音があります!!

私はいずれイーマサウンドのスピーカーを

みんなが「背中にスピーカーを背負って、 イーマサウンドの周波数を大音量で流しながら街を走る

背中に背負わなくてもよいんですけどね。音も大音量にしなくてもよいんですけどね(笑)

走らなくてもよいんですけどね(笑)

これは私の心の叫び(*^▽^*)

とかもいいかもしれませんね(そうか?)

いずれにしても、物質が蓄積されやすい松果体は、

この化学物質に晒されやすい現代社会での生活の中では、

確実にその機能は衰えていってしまっていると思っています。

あるいは、現実に多くの人の松果体が石灰化しているという現実があったり、

あるいは、アルツハイマー病の人の多くの松果体が石灰化しているというデータ( Wikipedia )も存在しています。

「イーマサウンドなる音」にその可能性があるのならば、それはそれで希望ではあります。

ソルフェジオに関しては、お医者さんとか、あるいは医療資格を持つ方で、

医学的に調査してみる気になる人が出てくるといいと思います。

感覚的なままでは、どこまでも曖昧に進行していって、

広がりを見せないままのオカルトで終わる可能性がありますし。

松果体の石灰化や、ガンの増加が止まらないほうは、感覚の問題ではなく、事実ですので、

何とかやっていける方法はないのかと思っております。

今日も素敵な1日をお過ごし下さい。

愛をこめて、いつもありがとうございます。

——————————————————
中野新橋店ema helios(イーマヒーリオス)
※エステでは中野新橋店クリニカルサロンLa chou chou
 銀座店クリニカルサロンアポリネール 広尾店kittos kittos

HP:https://emahelios.com/
LINE:https://lin.ee/Ev3Kt6F
インスタ:Instagram(ユーザーネーム: emahelios)を使っています。アプリをインストールして写真や動画をチェックしてみてください。https://www.instagram.com/invites/contact/?i=3d9z9csy28c&utm_content=kt51rxf

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top